独学でプログラミングを習得できるのは天才だけなのか?

独学でプログラミングを習得できるのは天才だけなのか?

独学でプログラミング習得できる人って天才…?

この記事では、下記のような悩みを解決できます!

  • 独学でプログラミングを身につけることってできるの?
  • 独学で勉強してるけど、かなりきつい…。

独学でプログラミングを勉強していると、かなり心細くなってしまいますよね。

「本当に独学でプログラミングを身につけることができるのか」と、不安に感じてしまうと思います。

独学で学んでいた僕が、限界を感じた時に行った方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

独学でのプログラミング学習は天才だけが可能?

結論からいってしまえば、独学でのプログラミング学習は、凡人でも全然できます

なぜなら、現在プログラマーとして活躍している人の約40%は、独学でプログラミングを習得しています。

THE凡人の僕も独学でプログラミングを習得しました。

こんな僕でもプログラミングを独学で行うことができたので、誰でも独学で身につけることができます。

半数以上の人が独学している

現在、プログラミングの学習をしている半数以上の人が独学で勉強をしています。

多くの人が独学でプログラミング学習をしていますが、果たしてうまくいっているのでしょうか?

ほとんどの人が独学で挫折

あまり希望のないことをいいますが、せっかくプログラミング学習を始めても、ほとんどの人が独学に限界を感じ挫折しています

なぜなら、独学でのプログラミング学習は孤独であり、自分で解決するのが困難だからです。

約8割もの人が挫折を経験し、学習を諦めてしまっているのが現実です。

独学というのが、いかにハードルが高いものかということが分かると思います。

挫折の原因は?

挫折の原因として多くあげられるのが以下のものです。

  • 分からないところが解決できない
  • 一人で勉強するモチベーションが続かない
  • 継続して勉強する時間が取れない

独学で勉強している人は、だいたいこういった悩みに直面します。

僕も独学で勉強していたときに、モチベーションを維持するのが、かなり難しかったです。

独学に限界を感じたとき、おすすめの方法3つ

プログラミング学習で、一番やってはいけないことが「学習の手を止める」ことです。

手を止めてしまうことでモチベーションを維持するのが難しくなってしまうからです。

例えば、分からない部分が出てきて学習が止まってしまったり、学習する時間の確保が難しいとモチベーションが低下してしまいます。

手が止まらないようにする、環境づくりがポイントになってきます。

おすすめの方法
  • 月額制(サブスク型)プログラミングスクールの検討
  • 未経験でプログラマーに就職・転職する
  • プログラミング学習の仲間を探す

1:月額制(サブスク型)プログラミングスクールの検討

サブスク型のプログラミングスクールなら、分からないところで躓いてしまうということを減らすことができます

勉強で分からないことが出てきても、質問できるサポートがあるからです。

プログラミングスクールと聞くと高額なイメージがあり、「お金をかけたくないな」と思ってしまいますよね。

ただ、サブスク型のプログラミングスクールだと、月額2,800円くらいから受講することができるので、教本を買って学習するより安くなるかもしれません。

サブスク型プログラミングスクールのおすすめを紹介していますので参考にしてみてください。

サブスク型プログラミングスクール7選まとめサブスク型プログラミングスクールおすすめ7選まとめ【2022年5月更新】

2:未経験でプログラマーに就職・転職する

個人的には、未経験からプログラマーあるいはエンジニアに就職・転職してしまうのが、いちばん効果的です。

かなりハードルが高いように思いますが、やらざるを得ない環境に身を置くことで、習得速度がすさまじく速いです。

僕も独学で勉強していましたが、転職してプログラミングを学んでいきました。

もちろん未経験からの就職・転職は、教育してくれる会社を探さないといけないですが、何がなんでも習得したいという人には、かなりおすすめです。

3:プログラミング学習の仲間を探す

一緒に学ぶ仲間を作ることで、学習の意欲を高めることができます。

プログラミング学習に限らずですが、独学ってかなり孤独で寂しいと感じてしまいます。

ライバルという存在ができることで、学習のモチベーションを維持することが可能です。

プログラミング学習専用のオンラインサロンがあるので、孤独を感じたら参加してみてください。

継続が成功のカギ

プログラミング学習は、「学習をやめたとき」が挫折につながってしまいます。

分からないところや、時間がとれないといった理由で手が止まってしまっても、継続することが成功の秘訣です。

そのためにも、手を止めないようにする環境を作ることから、まずは始めましょう。

自分で作ったプログラムがうまく動いた時の感動を、一人でも多くの人に感じて欲しいです。