プログラミングスクール選びに迷ったら押さえておきたいポイント3つ

プログラミングスクール選びに迷ったら押さえておきたいポイント3つ

プログラミングスクール選びで迷っている人に伝えたい!

この記事では、下記のような悩みを解決できます!

  • プログラミングを学びたいけど、どんなスクールを選べばいいの?
  • 自分の生活スタイルにあったスクールはどれ?
  • スクール選びで失敗しない方法は?

いざ、プログラミングを勉強しようとスクールを探してみると、数の多さにビックリされた方も多いのではないでしょうか。

まさにプログラミングスクール戦国時代といっても過言ではありません。

スクール選びで迷った際に、押さえておきたいポイントを3つ紹介するので、ぜひ読んでみてください。

プログラミングスクール選びで迷うポイントは?

まずは、あなたの迷っているポイントを具体的にしていきましょう。

具体的にしていくことで、どういったところを重要視していて、ここは譲れないといったポイントが明確化されます。

そのため、実際に受講し始めてから不満を抱えることが少なくなります。

プログラミング学習に専念できるよう、スクールを選ぶときは、自分がどういったところを重要だと思っているのかハッキリさせましょう。

スクール選びで迷う3つのポイント
  • どれくらいの金額がかかるのか
  • 受講時間はどれくらいかかるのか
  • 受講生のサポート体制はどうなっているか

どれくらいの金額がかかるのか

プログラミングスクールを選ぶときに、一番最初に悩むのが金額だと思います。

一体どれくらいの金額が必要で、高いのか安いのか、プログラミングスクールの相場を知っておかなくてはいけません

一般的にプログラミングスクールの相場は、一般的に約30万円といわれています。

サブスクリプション方式など、相場より格安でプログラミング学習できる方法もあるので、あなたの妥協点を見つけていきましょう。

サブスク型プログラミングスクール7選まとめサブスク型プログラミングスクールおすすめ7選まとめ【2022年5月更新】

受講期間がどれくらいかかるのか

プログラミングを完全に身につけるためには、約1,000時間もの学習時間が必要だといわれています。

しかし、プログラミングスクールで1,000時間も学習するというのは、現実的ではありません。

一つのプログラミング言語に1,000時間かけられればいいのですが、実際の現場では複数のプログラミング言語を使っていきます。

僕も完全にプログラミング言語をマスターしておらず、インターネットで調べるなど自己解決できる力を身につけています。

なので、プログラミングスクールで基礎を身につけ、調べたら解決できるレベルの力を身につけるのがオススメです。

受講生のサポート体制はどうなっているのか

プログラミングスクールのサポート体制でプログラミング学習のスピード感が変わってきます。

せっかく、プログラミングスクールで勉強しているのに「質問にこたえてくれない」ようでは、学習のスピードが遅くなってしまいます。

結局、疑問を自分で調べないといけないのなら、独学で学ぶのと変わりありません。

プログラミング学習では、必ずといっていいほど「わからないこと」「できないこと」が出てくるので、効率的に学習するためにも、サポート体制は確認しておきましょう。

プログラミングスクールを選ぶポイント3つ

スクール選びを失敗しないためにも、選ぶときにどんなことを意識すればいいのか、ポイントを3つご紹介します。

ただお金の無駄遣いになってしまったとならないよう、ぜひ選ぶ前に意識しておいてもらえたらなと思います。

プログラミングスクールを選ぶポイント3つ
  • やりたいことを明確にする
  • どれくらいの期間で学習できるのか確認する
  • 自分の生活スタイルにあった学習

それぞれ、詳しく内容を掘り下げて紹介していきます。

1:やりたいことを明確にする

漠然と「プログラミングを学びたい」と思って学習を始めても、失敗に終わる可能性がかなり高いです。

なぜなら、スクールで学んでいるプログラミング言語が、実際のやりたかったことと違うとなるからです。

おそらく、プログラミング学習を始めるにあたって、「こういったサービス、アプリを作れるようになりたい」といった目標があるのではないでしょうか。

やりたいことを明確にしておくことで、どんな言語を学べばいいのか、どれくらいの学習が必要になるのか、全体像を把握することができます。

どれくらいの期間で学習できるのか確認する

プログラミングスクールによって、受講する期間が決められているものがあります。

前述したとおり、プログラミングを完全に身につけるためには、約1,000時間必要だとされています。

1日に2時間勉強したとして、500日必要な計算となります。

約1年半もの時間がかかってしまうため、プログラミングスクールでどのくらいの期間学習ができるのかということを確認しておきましょう。

自分の生活スタイルにあった学習

プログラミングスクールを受講するにあたって、私生活との両立を考えていかなくてはいけません。

自分の生活スタイルが、プログラミングスクールの受講形態とあっていないと、プログラミングスクールの契約をしても無駄ボネとなってしまいます。

結局のところ、プログラミングスクールでの失敗談で一番多いのが、勉強する時間を確保できないということです。

まずは、時間が確保できる時期を狙い、どの時間帯に何時間当てることができるのか、考えておくのがオススメです。

勉強する時間を考えておくことで、自分にマッチしたプログラミングスクールを絞り込むことができます。

プログラミングスクール選びを成功させる3ステップ

プログラミング学習を成功させるために、あなたに合ったプログラミングスクールを探していかなくてはいけません。

以下では、プログラミングスクールを選ぶ時に、より成功へ近づけるためのステップを3つ紹介しています。

ステップ1:3スクール候補を挙げる

1つのスクールを見て、決めてしまうのは絶対に避けるようにしてください。

なぜなら、各プログラミングスクールごとに「強み」が違うからです。

例えば、あるプログラミングスクールでは、マンツーマンのサポート体制があったり、金額を抑える代わりにオンライン受講の形態をとっているなど、強みが違います。

このプログラミングスクール有名だから安心!」なんてならないよう、3スクール候補を挙げてみましょう。

ステップ2:比較する

候補をあげたら、比較していきましょう。

どの部分は妥協できて、どの部分が大切にしたいのかを意識しておくことで、より精度の高い選択ができると思います。

例えば、金額は抑えたいけど、自分の好きな時間に学習を始めたいとなれば、オンライン形式の受講方法をとるなど。

それぞれ比較していくことで、候補を減らしていき、自分に合ったプログラミングスクールを選ぶことができます。

ステップ3:SNSで受講生のリアルな声を確認する

SNSでプログラミングスクール名で検索することで、受講している人のリアルな評価を確認します。

主にTwitterで、実際にプログラミングスクールで勉強している人が、「ここが良い」「ここが悪い」といったツイートをしています。

今日はなにを勉強したといったことまで、ツイートしている人もいるので、良いところ・悪いところだけでなく、学習の流れを確認できます。

プログラミングスクールを契約する前に、Twitterで検索しておくとスクールのイメージを掴みやすいです。

プログラミングスクール選びを相談しよう!

上記で紹介した『プログラミングスクール選びを成功させる3ステップ』を経て、あなたに合ったプログラミングスクールを見つけ出していただければとも思います。

自分で探すのは不安、面倒くさい、誰か教えて欲しいといった方は、具体的に誰かに相談してしまう方法もあります。

スクマド」というサービスでは、あなたのプログラミングスクール選びを一緒に考えてくれます。

完全無料なサービスになるので、是非活用してみてください。


\ スクールの窓口スクマドをチェック! /

スクマドでかしこくスクール選び!

スクマドについて、詳しくまとめた記事もあるので、参考にしてみてください。

スクマドをおすすめする理由スクマドをオススメする理由6選 | あなたとプログラミングスクールをマッチング

プログラミング学習の挫折にならないよう、事前にプログラミングスクールの情報を手に入れて、あなたにマッチするプログラミングスクールを選んでください!